乗り物や会議室での席順マナー

和室での宴会

和室で行う宴会や宴席の席順にも上座・下座はあります。

和室での席次・席順では床の間の前の席が上座となり、入り口に最も近い席が 下座となります。 長いテーブルを囲む場合は中央が上座となり、狭い場所や料理が遠くなる場所は 下座となります。 ただし同じ会社内での宴席の場合と接待の場合とでは、席次が変わってくるので 注意しましょう。 社内など同じグループでの宴席で長いテーブルを囲む場合は、床の間の前の席が 1番の上座で、その正面の席が2番目となります。 ですが接待の場合はお客様は同じグループごとに並んで座ることになります。 中央が1番目、入り口から遠い席が2番目、入り口に近い席が3番目です。 また上座の位置は部屋の形状や入り口の位置、テーブルの形状などによっても 変わってきますし、旅館などで日本庭園を見るためにしつらえられた和室では、 景色を見ることができる側が上座になります。 中華料理で使われる円卓の場合の席次・席順および上座、下座は以下のとおりです。 やはり入り口から離れた席が上座で、入り口に最も近い席が下座となります。 中華料理のレストランなどでは、他の者は主賓が席に着くまで出入口近で待つのが マナーです。 円卓において回転するタイプのテーブルが用いられている場合には、 料理も上座の人から順番にとっていきます。