乗り物や会議室での席順マナー

エレベーターのマナー

エレベーターに乗る場合のビジネスマナーです。

エレベーターでは乗り口から遠い方が上座、乗り口から近い方が下座となり、 操作盤の前が最も下座となります。 目上の人と一緒にエレベーターに乗り込む場合は、入り口のドアを押さえて 相手が安全に乗り込めるようにし、目上の人に先に乗って頂くようにして自分は 一番最後に乗り込むようにします。 操作盤の前に立って目上の人の行く先を尋ね、ドアの開閉操作をします。 他の人が降りるときは進路をあけたり、一旦エレベーターから降りてスムーズに 降りられるようにします。 安全に乗り降りができるように進んで操作盤を操作したり、ドアを押さえるなど 配慮をしましょう。 自分が先にエレベーターを降りる時には、「失礼します」と声をかけて降りましょう。 その際自分以外に降りる人がいない場合には、エレベーターを出る時に「閉じる」の ボタンを押しても良いでしょう。 ポイントとしては、目上の人が安全に乗り降りできるように心配りをすることです。 相手が乗り降りする時はドアを押さえたり、「開く」のボタンを押しておいたり、 相手が待たずに済むように進んでボタンを押すなど心配りをしましょう。 そして相手が動かなくても済むように、ボタン操作の必要がありそうなら伺い、 操作の代行も行いましょう。